読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

WESTさんとの出会い


4月23日はジャニーズWESTさんのCDデビュー日だそうですね。


ファンと名乗っておきながら「だそうですね」とよそよそしいのはジャニーズWESTがファンの方と距離が近いアイドルな分、絆も深く私にはまだ勉強不足なところもあるし単純に出会って間もなく時間が足りないから、です。


でもせっかくこうして節目に参加させてもらったので今日はWESTさんとの出会いのエピソードを長々と語ろうと思います。すいません自己満です。はい。




私が本格的にジャニーズWESTのファンになり始めたのは2016年の12月頃のことです。

(前置きが長いので本題まですっ飛ばしてもらっても構いません)


(〜WESTに出会うまでの1年間〜)


それまで私はHey!Say!JUMPを追っていてそのJUMPも伊野尾革命に便乗したものですから、2015年の10月頃、たった1年しかヲタクをやっていなかったんですね。


でもそれがジャニーズを好きになる初めててはなくて、小学生の頃からずっと嵐のファンです。それは今も変わっていません。アイデンティティはほぼ二宮和也に影響されたと言っていいほどバリバリの二宮教信者です。でも私は嵐の現場には一回も行ったことがないしグッズも持ってない。いつもDVDだけはしっかり買って全力で楽しんであとはTVで応援していた程度だったので沼というものも、ヲタクというものも全く知りませんでした。


その、ヲタクや沼の世界に私を引き込んだのが伊野尾くん。話すと長くなるので簡潔に伝えると伊野尾くんのクズなところに疑問を持ってしまったところから私の転落人生は始まりました。大げさに聞こえると思いますが私は一つのことにハマると全フリしかできないような要領激悪タイプなのであながち過剰な表現ではないんです。今思い返しても伊野尾くんのことを一度も好きだと思ったことはなかった。ただ無性に惹かれる本当に言い方悪いですけどクスリみたいな中毒性の塊みたいな人でした。なにも手につかなくなって何のやる気も出ない。伊野尾くんを見てればお腹も空かないし将来だってどうでもいい。本気でそう思っていたんです。

まあそれで顔が広い人は予想付いてると思いますけど2度のスキャンダルによって完全に白く燃え尽きたんですね〜、私が。

要はずっと「伊野尾くんはどんな人なのか」ということの答えを探してたんですよ。その答えが出るまで応援しようと始めに決めてたので。それで、出たんです、答え。1000000%私の主観なので不快な人な読み飛ばして欲しいのですが、私はアイドルというのはまさしく人に夢を売る仕事で、その"夢"というのは現実ではありえないような恋の疑似体験をできること、だと思っています。現実にはあんな容姿のいい人と出会うことはそうそうないし、あったとしても性格がどうとか知り合っちゃったらそれは全て現実だから妄想の余地がないじゃないですか。その人はその人でしかないし、それ以上でもそれ以下でもない。その欠けた部分を私たちがいいように妄想で付け足せる。それがアイドルが与えてくれる最も魅力的な"夢"だと思うんです。


簡単にいうと、伊野尾くんはそれをぶち壊す人だった。スキャンダルが出たとか相手の女性がどうとかではなくて彼自身が、「自然体な人」なのではなくて「何も気にしない人」なんだなって結論づいてしまったんですね。もちろん勝手にですけど。もうそこから不信感しかなくて、それまでドップリだった分、喪失感が半端じゃなくて絶望感とか虚無感とかしかなくてどんなに化粧して外でても「目が死んでる」だの、笑って話してたのに次の瞬間は空をぼーっと見てるだの最終的には森にまでいきました(爆笑)追い込むのが好きなんですねー、ほんと。



その森に辿り着くまでが1ヶ月とかかな。

1ヶ月間ずっとその状態だった。

そして12月の頭くらいかな、You tubeでたまたまジャニーズWESTが少クラでやってた世界昔話集みたいのを見たんですよ。そしたら面白いのなんの。こんなに心が晴れたの久しぶりだったからもう思いっきりしがみつきました。(笑)苦しさから逃げだしたいからもう何かにハマってないと生きていけなくなってた私はジャニーズWESTの動画を貪り喰いましたねー、、(遠い目)


あのときの私は水を得た魚でしたね完全に。周りからも「目に光が宿った…!」と言われたし私自身も今目に光がさしてる実感がありました。



そんで受験生にも関わらずなんんも準備せずになうぇすと入ってなんんも準備してなかったからただ耳を痛くして帰って(席が悪かった)ちょっとダウンタイムありましたけどそこから今までWESTさんについて勉強してきました。



(〜本題〜)


バカみたいに語りましたけど、要はすんごい感謝してるってことです。

関ジュ時代から応援してた人のように「ずっとアイドルしててくれてありがとう」とか「これからの活躍も期待してます」とか「今まで笑顔たくさんくれてありがとう」とか言えないんですけど、あの闇()から救ってくれたのは紛れもなくジャニーズWESTなんです。


WESTは、明るくて面白くてかっこよくて歌も踊りも演技も上手くて優しくて信頼できる完璧なアイドルだし、人間様です。たくさん笑わせてくれて毎日支えてもらってます。その感謝を重々しく言える日ですよね?記念日って。

だからこんなにうざったくしゃべりました。


WESTを見てるとこれからどんな景色を見せてくれるんだろうってどこに行くんだろうってワクワクする。正直デビューから間もないアイドルを応援したことがなかったのですごい楽しいんです。JUMPやWESTを知ったことでグループによって色や軌道が違ったりすることがわかって本当にこれからが楽しみなんです。



ジャニーズWESTさん、3年前のデビューおめでとう。これからあななたちが歩む道の端にいれることがとても幸せです。どうかこの先環境においても本人たちにおいても嫌な波風立つような事が起こりませんように。平和で安全な未来を願ってます。


ここまで読んでいただきありがとうございました。次からはもっと軽めの短い文章書きますのでお付き合い頂けたら嬉しいです。



f:id:nocnoc689:20170423222030j:plain